婚約指輪をゲットしちゃおう【欲しい商品が見つかる】

男性なら心得ておきたい

手

女性の「いらない」の意味

プロポーズに欠かせないものといえばなんでしょうか。リングケースの中の婚約指輪がその最たるものではないでしょうか。多かれ少なかれ、結婚を意識した女性の頭には婚約指輪の存在が浮かび始めます。素敵なディナーの後に、結婚の申し込みとともに指輪を差し出されることは至上の喜びでしょう。薬指で輝く指輪は、結婚する日までの準備期間の象徴でもあります。しかし一方で、女性は現実的でもあります。夢見るだけなら無料ですが、実際に婚約指輪を恋人に用意してもらうとなると、その出費が数万円では済まないとを知っています。そのために「婚約指輪って無駄だわ」とか「短い期間しか身につけないものにお金をかけるなんて」とか、心とは正反対にことを言ってしまうのです。結婚生活にはお金がかかります。親族に披露するウェディングドレスや一生身に着ける結婚指輪にならまだしも、婚約指輪に貯金を使わせてしまうことに抵抗を感じてしまうからです。恋人がたいそうな資産家ならばそうは思わないのかもしれませんが、たいていの女性は、婚約指輪に回す費用があったら結婚生活にそれを費やしたいと現実的に考えてしまうのです。これはケチなのではなく、倹約からでる考えです。ここで男性が「いらないというなら贈るのはやめよう」と考えるのは浅はかなことです。「いらない」というのは、「あなたのお金を減らしたくない」という意味です。むしろ、言われたのならばなおさら贈るべきでしょう。そんなふうに貯金のことを心配してくれる女性にならば、無駄遣いにはなりません。婚約指輪は一般的にダイヤモンドが多く選ばれています。ダイヤモンドと聞くと高額な宝石だと思いがちですが、実際はお手頃価格のものも流通しています。例えば東京の御徒町は宝飾の卸売り店が数多く、一般客にも販売をしています。百貨店で販売しているものと同じダイヤが、卸売り店価格で購入できるので、検討してみてもいいでしょう。

Copyright© 2018 婚約指輪をゲットしちゃおう【欲しい商品が見つかる】 All Rights Reserved.